エンパス体質が改善した方法!後編

まずは前編からどうぞ

私がつらいエンパス体質を改善するためにしたことは、たった3つのことです。必要なものも明記しますので、エンパス体質に悩む人たちが救われますように。

食べるものは手料理で、コンビニを使う場合はサラダ多めにする。

前編でも書いていたことですね、『医食同源』という言葉があり、日頃からバランスの良い食事をとることで病気が予防され、健康は作られるという考えがあります。ちなみに、この言葉は中国の思想に基づいて日本で生まれた言葉で、後に中国に逆輸入されたという逸話があります。

最近は若い人のガンや病気が非常に増えており、それは毎日のようにコンビニ弁当やカップラーメンを食べているからではないかという説もあります。医療の進歩によりガンの早期発見ができるようになったからという点から若者のガンが増えたという側面もあるかもしれませんが、実際に、カップラーメンの容器からダイオキシン等の生物によくないものが検出されていますし、手料理にしてから調子が良くなった人間がここにいます。エンパス体質だと人の念だけではなく、化学物質の影響も受けやすいので、仕事や学校を休む程ではないけど体調がすぐれない、疲れやすい人で、毎日コンビニのご飯を食べている人は、なるべく手料理に切り替えて、コンビニではサラダやパック野菜を選び、甘いものが欲しい場合は野菜ジュースにしましょう。『トロピカーナ』のエッセンシャルシリーズは飲むと元気になりました。

水晶とラピスラズリのブレスレットをつける。

エンパス体質の特徴として『眠りが浅い』というものもあります。私も眠ろうと思っても胸が締め付けられるような感覚に陥って飛び起きるということがありました。以前はアロマに頼っていましたが、アロマのことを忘れてしまうくらい眠れずに思い悩むことや、最近ではアロマが効かないということも出てきました。それでストレスがたまり疲れが取れずに日中に影響が出る、体力が戻らないという悪循環に陥ります。

そこでまずは、浄化の作用があるとされるエレスチャルアメジスト(水晶の一種)をネックレスにしてそれをつけて寝ると、とても快適に眠れました。たった一晩着けただけで水晶も濁っていたので、寝ている間に背負ってしまった他人の念を吸い取ってくれたと感じました。しかし、ネックレスを付けたまま寝ると、髪に絡まったり、首に圧迫感があるため、水晶と邪気を退けるラピスラズリで細身のブレスレットを作り、それをつけたまま眠るとエレスチャルアメシストと同様の効果が得られました。石の効果もバカにできませんね。

浄化はコンロやロウソクの火に30秒ほどかざして、また同じ願い事を石に伝えましょう。(お世話になっているふみ先生からのアドバイスです。)

水晶水を作って飲む

これはびっくりするくらい効きました。よく眠れてもなかなか起きれず、ぼーっとなってしまう朝でも、これを飲んだら一発でスイッチが入りました。

作り方は、1つかみの水晶のさざれ石をきれいに水洗いして、ガラスや陶器の容器にミネラルウォーターと一緒に入れて一晩(6時間から8時間)置くだけ。今日で飲みはじめて2日くらいですが、非常に調子がいいです。

しかし、作った水晶水はその日のうちに飲み切るか、お風呂に入れたり、観葉植物の水やりに使いましょう。さざれ石は半年使ったら土に埋めて、新しいさざれ石に取り換えましょう。

以上がエンパス体質を改善するために私がしたことです。とても簡単に元気な日々が手に入れられたので、みなさんもぜひお試しください。

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です